舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の比較

見えない矯正である舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の比較

見えない矯正である舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の比較

歯並びの矯正に興味があるけれど、治療装置が目立つことや装着感に不安があり、治療をためらっている方も多いのではないでしょうか。尼崎の「花田矯正歯科」では、矯正治療に敷居の高さを感じる方に対して「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」をおすすめしています。透明のプラスチック製なので目立ちにくく、簡単に取り外せるので気軽に始めることができます。

舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)はどっちが良いの?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は着脱可能なプラスチック製の透明なマウスピースを使った矯正治療です。患者様の歯並びを型取ったマウスピースを作製し、段階的に取り替えることで歯の位置を少しずつ動かし、歯並びを整えていきます。目安として1日20時間は装着する必要があります。透明なので目立ちにくく、食事やブラッシングの際には簡単に取り外せる点がメリットです。装着時の違和感や痛みが少なく、金属を使っていないのでアレルギーの心配もありません。

舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の違い

舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の違い

外側から目立ちにくい矯正治療として、舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)が挙げられます。矯正装置の本体であるブラケットがワイヤーでつながれている舌側矯正と比べ、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は装着時の違和感が少なくなっています。また、任意で取り外しができるためブラッシングがしやすいなどのメリットがあります。

ただし、舌側矯正と比べて治療できる症例の範囲が狭く、治療期間も長くなってしまうデメリットがあります。舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)の比較図を載せていますので、双方の違いをご確認ください。

  舌側矯正 マウスピース型矯正装置(インビザライン)
見た目 見えない 近くで見るとわかる
費用 やや高価 やや安価
痛み 少し感じることがある ほとんどない
治療の対応範囲 広い 狭い
抜歯を行う矯正 適応できる 不適応の場合がある
着脱の可否 歯科医院でのみ 自身で行える
金属アレルギー 素材によって可能性がある なし

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)で気づかれにくいのは?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では透明なプラスチック製のマウスピースを使うため目立ちにくいですが、近くで見るとわずかな厚みなどから装着していることがわかってしまいます。対して舌側矯正の場合は歯の裏面に矯正装置を装着するため、口を開けて歯を見せる場面でも気付かれることはほとんどありません。

舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)はどちらの仕上がりがきれい?

舌側矯正もマウスピース型矯正装置(インビザライン)も、正しく装着して定められた期間で治療を行えば、仕上がりに大きな差はありません。ただし、任意で取り外しのできるマウスピースは1日の装着時間やステップごとにマウスピースを交換するなど、きちんとルールを守らなければ満足のいく効果が得られないので要注意です。舌側矯正では定期的に歯科医院でチェックを受け、微調整を行います。舌側矯正の方が治療期間を短縮でき、対応できる治療の範囲が広くなっています。

治療の流れを把握できる
当院の矯正治療の進め方についてはこちら

矯正治療に興味がある方はお気軽にどうぞ
当院へのお問い合わせはこちら

ページTOPへ